40代 たるみ、しわ、しみ、ハリ、乾燥、ストレスが気になる方にマキベリー たるみ毛穴 スーパーフード 帯状毛穴

たるみ毛穴ケア・活性酸素を除去する方法・美と健康に「マキベリー」

2016/10/19

活性酸素が肌をたるませるなら・・・

たるみのない女性に憧れる女性

毎日の習慣で、大人の女性だったら、お化粧をして、お仕事に出かけたり、お買い物に外出したりされていると思いますが、自分の顔を鏡で見るたびに自分の肌がたるんでいたり、しわになっていたら、『これ以上、老け顔になりたくない』とか、知り合いの人に『老けたね~』と思われたくないと思っていらっしゃると思います。いつまでも美しくありたいですよね。
美魔女とまではいかなくても、周りの人に『若いですね』って言われたいのが、女心です。
そのためにはどうすればよいか、身近なところで調べてみますと、肌の老化の原因が活性酸素であることが分かりました。活性酸素に対抗できるものといえば、抗酸化成分です。

 

活性酸素とは

肌の老化の原因の活性酸素は、例えて言うなら、金属が空気に触れて酸化すると金属が錆(さ)びて赤茶けてボロボロになっていくように人間の体も空気を取り込むことで酸化し錆びついていきます。
人間は酸素を吸って酸素をエネルギーに変えて生命を維持していますが、同時に活性酸素を発生させ、体の中の細胞を錆(さ)びさせてしまいます。肌の弾力を保っているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を分断し、肌の弾力であるしなやかさが失われてしまいます。

 

紫外線や放射能などの外からの刺激でも活性酸素が生まれる

実は人間が酸素を体に取り込むこと以外でも活性酸素が発生しています。紫外線や放射能などを皮膚が浴びることでも活性酸素は発生しています。生活していく上で紫外線を完全にシャットアウトすることは出来ません。また、骨を形成する際に必要なビタミンDは、日光を浴びることで作られますので、短時間の日光浴は必要です。ですが美容面で考えると紫外線を浴びることは細胞内に活性酸素を発生させてしまい、肌をたるませ、しわやシミの元になります。
活性酸素が肌をたるませるなら、活性酸素に対抗する物があれば・・・と思いますよね。

 

強い紫外線を浴びて育った野菜や果物

抗酸化作用のある代表な果物といえば”リンゴ”です。「一日一個のリンゴは医者知らず」ということわざがあるほど、抗酸化成分を含んでいます。紫外線を浴びてボロボロになるどころか、すくすくと育った果物や野菜には強い抗酸化成分が豊富に含まれていると言われています。
ブルベリーの12倍のアントシアニンを含むマキベリー

 

人間が野菜や果物を食べるわけ

人間が野菜や果物を食べるのは、栄養補給の意味だけではなく、人間にとって必要な食物繊維や抗酸化物質を取り込むためではないかと言われています。

 

抗酸化力の高い果物

抗酸化力のある果物はたくさんありますが、栄養価が高く抗酸化成分を多く含むものといえば、「アサイー」や「ブルーベリー」が「スーパーフード」として有名ですが、アサイーのポリフェノールが5倍以上、ブルーベリーの10倍以上の豊富な栄養素が含まれているとして今、海外セレブやハリウッドモデルの間で食べられているのが、「マキベリー」です。抗酸化物質は美容、健康には必要不可欠ですので海外セレブやモデルさんの中でもアンチエイジング効果が期待されているのです。

 

TVでも特集が組まれる話題のマキベリー

スーパーフード「マキベリー」は、テレビでも話題となっており、特集が組まれるほどです。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

スーパーフード「マキベリー」が紹介された番組

・2015年4月8日放送のあさチャン・・・女性の美と健康をサポートするスーパーフード

・ 2015年11月24日放送の「バイキング」・・・「血液サラサラ 最強2大食材スペシャル」
しわやシミ、たるみに効果的なコラーゲンも配合されているサプリメントが手軽にゼリーで摂れる”コラーゲン入りマキベリーゼリー”が忙しい合間に摂取できるので好評です。
☆マキベリーの解説紹介です。動画が長いので、途中で停止してください。
2015年11月24日放送の「バイキング」


マキベリーの効果・紹介ページへ

スーパーフードマキベリー

-40代, たるみ、しわ、しみ、ハリ、乾燥、ストレスが気になる方にマキベリー, たるみ毛穴, スーパーフード, 帯状毛穴
-, ,