しわ、たるみに効果的 すっぽん小町 たるみ毛穴 帯状毛穴

DHCコラーゲンVSすっぽん小町で、アルギニンが多い方が効果的!

2016/09/30

持ち上がったハリのある肌を手に入れたいなら

最近は、若い方でも、スマホやパソコンの使いすぎで、姿勢が悪く、しわやたるみを気にしている方が多いそうです。若い方や主婦層で、シワやたるみを何とかしたい!出来れば、元気にも、なれるサプリがあれば、なおの事、良いとコラーゲンサプリをお探しの方に、安くて、人気がある商品の”DHCコラーゲン”と”すっぽん小町”と、同じコラーゲンサプリですが、どちらが良いでしょうか?。


DHCコラーゲンが魚由来のコラーゲンで、1日6粒で、コラーゲンペプチドを、2,050mgを摂取出来るということです。

減っていく1日分のコラーゲン量が2,050mgといわれていますので、その分を、補給できれば、コラーゲン量を維持出来るという考えなんです。その他、肌荒れを防止するといわれている美容ビタミンB1、ビタミンB2を配合しています。

 

すっぽん小町画像

すっぽん小町のコラーゲンは、すっぽんのコラーゲンで、コラーゲンは、134mgしか、配合されていません。しかし、コラーゲンの元となる良質なアミノ酸量が豊富に含まれています。

人体に必要なアミノ酸は、20種類と言われています。アミノ酸には、種類があり、『必須アミノ酸』と『非必須アミノ酸』とがあります。『非必須アミノ酸』は、体内で合成できますが、年々その合成量も減ってくるといわれています。

すっぽん小町には、『必須アミノ酸』と『非必須アミノ酸』が、配合されています。

また、『必須アミノ酸』は、体内で合成できず、口からの摂取が必要です。

『必須アミノ酸』は、9種類あるといわれていますが、1種類でも欠けると合成がうまく出来ません。すっぽん小町に、配合されている必須アミノ酸は、1種類も欠けること無く、配合されています。

すっぽん小町が、【量よりも質】と言っているのは、この点です。

すっぽん小町のアミノ酸は、種類も豊富でバランスが良いので、身体への吸収が良く、体内でコラーゲンに合成されるので、肌への弾力が増したり、アミノ酸のおかげで身体が元気になるというのです。

すっぽん小町の成分表画像

その他に、注目する点は、すっぽん小町には、アミノ酸の中でも、美肌効果のある”アルギニン”が多く含まれているので、より効果的なのではないか、という点です。

DHCコラーゲン販売スタッフに、直接、話を聞くと、コラーゲンは、豚由来でも、魚由来でもコラーゲンの吸収には、差がないといわれていましたが、魚を食べて、肌がプリプリになったという話を聞いたことはありません。

やっぱり、スッポンを食べた時の方が、断然、お肌が、プリプリになったという経験をした方は、多いと思いますし、そういった話を聞いたことがある方も多いと思います。

そういった意味では、DHCコラーゲンより、すっぽん小町の方が、肌への期待が高まります。

運動後や睡眠中に、分泌される成長ホルモンは、肌の新陳代謝と深く関わりがあり、睡眠不足ですと、成長ホルモンの分泌が抑制されますので、お肌もくすみがちになります。

その成長ホルモンの分泌を促す成分がアミノ酸の一種・アルギニンです。

内側から、コラーゲンの元や美肌の元・アミノ酸(アルギニン)を、補いないたい方や肌に塗るだけのケアじゃ物足りなくなってきた方には、DHCコラーゲンより、すっぽん小町をオススメしたいと思います。

すっぽん小町のより詳しい情報は、コチラ⇒生活総合サービス

-しわ、たるみに効果的, すっぽん小町, たるみ毛穴, 帯状毛穴
-,